一括見積もりと物を処分しよう

引越しが決まったら、業者を使って引越しをするのかどうかを考えなければいけません。 ここで、「引越し費用をなるべく安くするためには、自分たちで引越ししたほうがいい」と勘違いしている人がいます。

実は、車で大きな荷物を運ぶことに慣れていない人など以外は、業者を使うときよりも費用と労力が必要になることが多くなります。 以前、私も自分たちだけで引越ししたほうが安く済むと思っていて、実践したことがあります。

そのときの様子は夫の転勤で田舎へに書きました。 夫婦2人でも大きな荷物を運ぶことに慣れていないと、私のようになりますので注意してください。

つまり、「単身で大きな荷物がなく洋服や本しか運ぶものがない」という以外は業者を使ったほうが、費用を安く済ませることができることを覚えておいてください。また、体力的にも楽です。 あまり体を動かしていない人が、自分たちで引越しをすると、次の日、動けなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

では、業者を使って安く引越しするために知っておかなければいけないことをお話します。

まず、引越しには繁忙期があります。 繁忙期は、3月、4月、7月、12月になります。 この時期に引越ししなければいけない場合、上記の月以外の月よりも倍以上、費用が掛かることもあります。 従って、「引越しの時期はいつでもいい」という人は、上記の月は避けましょう。

次に、時間についてです。 業者に引越しを依頼するとき、「時間を指定する」と「業者に時間をお任せする」のうち1つを選びます。 当然、業者に時間をお任せ(フリープラン)にすれば、時間を指定する場合よりも費用は安くなります。 「1軒家から1軒家の移動で、いつから引越しを開始してもいい」という場合にはフリープランを選択しましょう。

次に、曜日についてです。 引越しには繁忙期があるというお話をしました。 ここで、繁忙期でも平日と休日で費用が違ってきます。 繁忙期に引越ししなければいけない場合でも、平日にできないかを考えましょう。 繁忙期の平日と休日の費用の違いは約1.5倍になります。

最後に、早めに業者に依頼するについてです。 もし、引越しすることが早い時期にわかっているならば、なるべく早く業者も決めてしまいましょう。 どの業者にも早期割引というサービスがあります。 早期割引では2000~10000円程度安くしてもらえます。

これまで紹介したことを実践できる人は是非試してください。 ただ、引越しというのは自分の思い通りにならないことも多いです。

そんなときは、一括見積もりを利用して安い業者を見つけるようにしましょう。 ただ、「市内から市内」「荷物が少ない」「単身」「繁忙期」などの理由で勝手に「一括見積もりしてもどこも同じだろう」と思わないことです。

尚、このサイトでは一括見積もりをして業者を選んだ方の感想を多数紹介しています。 それを見てもらえれば、費用について満足している人が多いことがわかるでしょう。 引越しが決まったら、まずは一括見積もりで相場を確認することから始めましょう。

最後に、誰でも費用を安くする方法をご紹介します。 それは、荷物を処分することです。 引越しをきっかけに、不要なものは処分しましょう。 まず、本や洋服は半分まで減らす努力をしましょう。

特に、ブランドの洋服やバッグがたくさんあるなら、ブランド買取店に買い取ってもらいましょう。 ブランドの洋服、バッグや貴金属ならネットからの申し込みで買い取りしてもらえるお店があるので、積極的に使用しましょう。

また、現在使っていない家電品も思いっきり処分しまいましょう。 ここで、処分するときには「いつか使うかもしれない」という感情をシャットダウンすることです。 1年以上使っていないものは、処分すると決めてください。

そうすれば、おうちにあるもののうち半分は処分できるはずです。 そして、荷物が半分になれば、かなり引越し費用も3分の2程度にすることができるはずです。

引越し業者の選び方とみんな口コミ

このページの先頭へ